参考文献 | 水素水スティックと水素水の通販

参考文献

水は生命を維持する

水は生命の源です。
人間の体の70%が水で占められています。
良い水を飲むことは、肝臓や尿路の結石予防をはじめ、体内の浄化につながります。
水は体内を循環します。栄養分を運び、老廃物や有害物質を対外に排出します。

新聞記事 | 水素水スティックと水素水の通販

水素水が記憶力の低下を防止する

日本医科大学の太田成男教授の実験で、記憶力の低下の抑制効果に水素水が有効であると、確認されました。
水素水を飲むと、記憶力や認知機能の低下を抑えられ、認知症の予防、治療の成果に道を開くと
科学誌ニューロサイコファーマコロジー電子版に発表しました。

記憶力は、ストレスによって低下します。
太田教授の研究チームは、マウスを狭い空間に閉じ込め、餌を与えない等、ストレスを加えました。
まず通常の水を飲ませたマウスと、水素が大量に溶け込んだ水を飲ませたマウスで、記憶力の違いを比較。

結果、水素水を飲ませたマウスが記憶力が高く、ストレスのないマウスとほぼ同じことがわかりました。
海馬(記憶をつかさどる脳の領域)の神経幹細胞の増殖能力も同じような傾向という結果になりました。
水素が活性酸素を除去し、脳梗塞による脳障害を半減させるということもいえます。

太田教授はこの実験結果について、このように話しています。
「水素水を飲まないマウスの海馬には活性酸素によって作られた物質が蓄積していました。
水素水が活性酸素によって低下した神経細胞の増殖能力を回復させ、記憶力低下も抑制したと考えられる」

注目される水素水

平成十五年八月六日の山梨日日新聞に、「注目される水素水/体のサビを落とし老化を防ぐ」
という記事が掲載されました。
体内で増えすぎた活性酸素が老化や病気の原因となります。
そこで、活性水素は、活性酸素と結びつき、無害な水に変えると考えられています。

九州大学大学院の白畑教授は以下のように述べています。
「活性酸素による酸化作用はサビである。
サビが老化や病気につながっている。
活性水素は活性酸素を中和、消去し、体内のサビを落とす」

肺から取り入れた酸素のうち2%は活性酸素になります。
そして、体内に侵入した細菌やウイルスを退治します。
しかし、活性酸素が過剰になると、その強力な酸化作用で
体を老化させ、細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。

水素水が抗酸化剤になる

白畑教授の学説は、増えすぎた活性酸素を消去するのが、水素水であるといいます。
「活性酸素に反応して水になる活性水素水は、理想的な抗酸化剤になる可能性がある」と
教授は指摘しています。

資料参照元:九州大学大学院の白畑教授

4774510750
水素水の世界―これまでの医学常識を覆す
林 秀光

(C) Copyright アクエリアス-解放の時代の水通販