食物の消化・分解と活性酸素 | 水素水スティックと天然水素水

食物の消化・分解と活性酸素

酵素とは

生物は、身体に取り入れた食べ物を熱(エネルギー)に変えます。
それをするのが「酸素」です。 食物の消化、分解は腸が行なうのではなく、酵素が行なっています。

活性酸素とは

酵素分子の核の周りには「電子」が回っています。 電子は他の分子にくっついて、ペアで回りたい習性があります。
このため、他の分子に結びついたり、電子を奪ったりする性質があります。 これを「酸化」といいます。
酸素は、8個の電子で5つの軌道を回っています。 このため、あまった二つの電子が相手を探して飛び回り、
見つけ次第強引に結びついていきます。 その結果できてしまうのが「活性酸素」です。
糖質、脂質、アミノ酸などの各器官を構成する分子を酸化し、 体内に悪影響を与えます。

体内で発生する活性酸素

肺から取り込んだ酸素は全身の細胞に運び込まれ、何度か活性酸素になりますが、
通常、糖質から電子を奪い、最終的に水になります。
しかし全ての活性酸素が水になる訳ではなく、余った活性酸素は細胞に損傷を与えます。
それを防ぐために各組織には、活性酸素を消去・除去する酵素が存在します(抗酸化酵素)。

体外で発生する活性酸素

大気汚染、排気ガス、電磁波、食品添加物、酸化した油、残留農薬 紫外線や放射線などにより、
細胞内に活性酸素が発生するのが知られています。
抗酸化酵素で分解しきれない活性酸素は 癌や生活習慣病、老化、シミ・シワ、ガン、
動脈硬化、脳血栓、心臓病等、 さまざまな病気の原因となることがあります。

4621081888
活性酸素・フリーラジカルのすべて―健康から環境汚染まで
吉川 敏一 野原 一子 河野 雅弘

(C) Copyright アクエリアス-解放の時代の水通販