脳梗塞での実験 | 水素水スティックと天然水素水の通販

脳梗塞での実験

脳梗塞の症状

脳梗塞とは、脳組織が壊死した状態のことです。
脳への血管が詰まると、血の巡りが低下し、 脳組織が酸素欠乏や栄養不足になります。
その状態がある程度続くと、脳組織が壊死、つまり梗塞してしまうのです。

脳梗塞になると、意識障害、手や足の麻痺、感覚障害、言語障害、失語症などです。
この他には健忘症、視野が半分見えなくなる同名性半盲、複視、嚥下障害もあります。

水素ガスを吸ったラットは脳損傷の程度が半分

日本医大の太田成男教授らは人工的に脳梗塞状態にしたラットを使って、水素の実験を行いました。
その結果、水素が活性酸素を除去すること、脳梗塞による脳の損傷を半分以下に減らすことが明らかになりました。
太田教授らは、濃度2%の水素ガスを与えた脳梗塞のラットと、何も与えない脳梗塞のラットを用意しました。
そして、血液の流れを再開した所、水素ガスを吸ったラットの脳損傷のレベルは、何も与えなかったラットの
およそ半分以下でした。

脳梗塞で詰まっていた血流が再開する際、大量に活性酸素が発生します。
これにより脳に損傷を与えます。水素は、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルにのみ、作用します。
今後、脳梗塞などの治療薬開発が期待されます。(2007年5月8日 読売新聞より抜粋)

4774505994
難病を克服した奇跡の水は水素水だった!―体内の活性酸素を消去する健康水が自宅で簡単にできる
伊藤 実喜

(C) Copyright アクエリアス-解放の時代の水通販